読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブス、ときどきデブス

ブスです。デブです。中年です。貧乏です。アトピーでアミロイド苔癬で辛い。

月経前症候群対策①アロマテラピー

(デリケートな男性の方は読むな!)

 

ずーん。絶賛月経前症候群なうのダモンデよ!

アラフォーだけど辛うじてまだ月経があるのよ。

月経前症候群の症状

いろんなサイトに月経前症候群の一般的な症状が出ているから、今回はダモンデの場合を書くわね。

月経1週間ぐらいになると、やたらとイライラします。あと、何もやる気が起きなくなって来ます。

月経3日前〜月経当日までが、危険人物ゾーン。突然キレる。号泣する。暴れる。人間として性格破綻しているように周りからは見られる。

ダモンデは若い頃なぜ月に1回は号泣したり、激怒したりするのか?周りの人達のようになぜ感情を抑えることができないのか自己嫌悪しておりました。おそらく周りの人たちもダモンデのことを「感情的で子供っぽい人」と思っていたことでしょう。

そんな感情に波のある人間の事って誰も信用しませんよね。仕事だって頼みたくないでしょう。

普段は人よりもかなり仕事に没頭して、量もこなしていたと自負がありました。しかし、なかなか責任のある仕事を任せてもらえない。だんだんと会社に対しての不信感も募らせるほどの原因にもなってしまいました。

月経前症候群を知ったきっかけ

残念ながら何の雑誌を読んで知ったのか、雑誌名を忘れてしまったのですが、こんなエピソードが載っていたのです。

引っ越した先のマンションに住むAさんは、いつもニコニコと愛想が良く、お菓子なども手作りしておすそ分けしてくれたり、自分の娘とAさんの娘さんと一緒に遊んだり部屋に招いてくれたりしてくれていた。でもしばらく経つと時々無視されたり、インターフォンを鳴らして応答があってもガチャリと切られたり…。でもしばらくするとそんな自分の態度を忘れたかのようにまた親しくしてくるということが何回も続き、「あの人はワガママな人だ。」と言う印象を持ちました。しかし、ある日のこと子供の学校が早く終わったので、同じ小学校に通うAさんの娘さんと自分の娘が遊びたいと言うので、内心「嫌だなー。」と思いつつAさんの所へ訪ねて行きました。インターフォンを鳴らすと、Aさんの娘さんが出て、ドアを開けてくれました。すると、部屋の奥でパジャマ姿で髪も乱れたAさんが真っ赤に腫れた虚ろな目でこちらを向き、慌ててその部屋のドアを閉めたのです。するとAさんの娘さんが「ごめんなさい。うちのママ月に1回ぐらいあんな風になっちゃうのママもごめんねって言うの。だから今日は遊べないの。ごめんね。」と残念そうに言いました。そこで、私は彼女が月経前症候群であるのではないかと思ったのです。(出典不明ごめんなさい)

うろ覚えで申し訳ないのですが、内容はこんな感じのものでした。これを読んだ時に、Aさんの症状が全く自分と当てはまるとドキドキしました。ひょっとして私の感情の不安定さも月経前症候群ではないだろうか?

そこで私は月経日を管理できるアプリをダウンロードし、月経日と激怒や号泣したりした日を数ヶ月検証して見ました。

するとなんということでしょう!!(笑)

生理3日前から生理日までに感情的になるという因果関係を発見したのです。

感情の起伏が激しい貴女へ

ダモンデは、それに気がつくまで自分の感情的な性格に自己嫌悪していて、本当に私ってダメな人間だなと自己否定して来ました。

自分の性格が嫌いな人は、もしかしたら月経前症候群の可能性があります。

まずはじめに月経日を管理する無料アプリをダウンロードして見て下さい。ダモンデはルナルナの無料版を使ってます。

ルナルナサービス紹介|ルナルナ

ルナルナは簡単に月経になった日を入力できます。カレンダーもあって、その中に日記のように自分の体調や感情を書き込めます。本当に簡単に「泣いた」「怒った」「何もする気が起きない」とか短くていいので、なにか感情的になった時だけ書き込めばいいのです。

するとあなたの感情と月経に因果関係があることに気がつくかもしれません。そうしたらしめたもの!!あなたはもう自己嫌悪する必要は全くないのです。だって、自分ではコントロールできないホルモンがあなたをそうさせているのだから。

それに自分が月経何日前から感情的になるのか知る事によって、感情のコントロールもできるのです。

 ダモンデの月経前症候群の対処法

ダモンデはアロマオイルと漢方薬で対処しています。(ちなみにアロマの資格も漢方もズブの素人です。)

中でも、アロマはとても合っていると思っています。香りは鼻から直接脳に作用するとも言われているのでそのプラシーボ効果もあるかもしれませんが、実際普段はそんなに好きな香りでなくても生理前に嗅ぐとなんだかしっくりくる香りがあるのです。色々な本やサイトでも月経前症候群のアロマオイルのブレンドを紹介していますね。

ダモンデが生理前にオススメの精油は「ゼラニウムベルガモット・パチュリ・真正ラベンダー」です。ダモンデはもっていないのですが「クラリセージ・ジャスミン・ローズ」も月経前に良いとされていますが、ジャスミンとローズはかなり高価な精油なので買えないのです😭

お化粧用のコットンに一滴か二滴ぐらい垂らしてブラの中に(笑)忍ばせます。かぶれやすい方もいるので、オイルを垂らした面ではなく、染み込んでいない裏面を肌の方に当てるといいでしょう。おまじない的な感じでダモンデは心臓がある左胸にそのコットンを当てます。

ダモンデが使っている「ゼラニウムベルガモット・パチュリ・真正ラベンダー」ですが、もちろん全部を混ぜて使っているのではありません。2種類をその日の気分でブレンドして使っています。

精油の注意点

  • 妊娠の予定がある人には忌避しなければいけない精油があります。
  • 日光に当たると光毒性の出てくる精油があります。基本的に精油自体を肌に塗り込むのは素人では行わないのが懸命です。
  • 必ずピュアな精油を使いましょう。あまりやすかったり、信用できないブランドのものは合成の香料が入っていることがあります。気をつけましょう。

色々なサイトや本で購入前に勉強してみて、あなたにあった精油を見つけて下さいね。きっと月経前のあなたの強い味方になってくれるでしょう。

ダモンデがリピート買いしてる精油

ここの精油は比較的お値段控えめで、100%天然エッセンシャルオイルを謳っています。初心者さんには特にオススメです!

 

 

 にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ

にほんブログ村