読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブス、ときどきデブス

ブスです。デブです。中年です。貧乏です。アトピーでアミロイド苔癬で辛い。

着物とわたくし

なにって、もう最近お着物が気になって気になって仕方がないのっ!!

そういうお年頃よねー。

エセ美容家ダモンデよ!

もちろん、生来生まれっぱなしの原人みたいなダモンデが、お着物なんて自分で着れるワケじゃないし、お着物ってルールが色々あるでしょ?

着るのハードル高いわあ。

しかも着ているとやっぱり目立つから、着物のことちょっと知っている方々から見れば、

「あんな帯と着物の合わせ方は非常識。」

とか、お着物や帯の合わせはクリアーできても、

「あの柄は季節違いよねえ…。」

だとか、

「こんな格式のあるパーティに小紋なんか着てきて…。」

とか、逆に

「あの方、なにかしら?内輪のパーティで主役でもないのにあの着物…。」

だとか、帯と着物の格とかとかく気に出したらとーーーーっても着物なんか着られないっ!!

しかも、作家の林真理子先生が本に書かれていらしたけど、着物にハマるとお金は確実に貯まらない。(笑)

しかし、林真理子先生もいつもお上品な素敵なお着物のをお召しになってますね。女流作家って宮尾登美子先生とかお着物のセンスの良さが、さらに知性的に見えて素敵ですよね。

中古でもいいから少しずつ集めて1人で着る練習をしながらコレクションしたいです。

着物や宝石って一期一会で、例えば中古であろうがなかろうがあとからやっぱりアレ素敵だったなーと思ってももう手に入らないことが多い。

着物や宝石が中古なんかやだっている人もいるでしょうよ。そら。

でも、ダモンデ、自分の目で見たことしか信じないので、モノに元々の持ち主の魂が宿るなんてこれっぽっちも思わない。

逆に、こんな素敵な宝石やお着物をもう一度使ってあげなきゃかわいそうって思います。モノに罪はないものね。

まあ、モノに対するスタンスは人それぞれだからどちらが悪いとかじゃないんだけどね。

ダモンデなんかお金がないから、季節を追い求めるような柄はダメね!

最近色々なサイトを見ては「この帯素敵〜❤️」とか、「このお着物とあの帯を合わせるとエキゾチックで素敵〜⭐︎」とか妄想で楽しんでると、どんどん時間が過ぎちゃう。

こんなプチプライスでも素敵なのはあるのよね。(お仕立て代が帯より高かったりして?!)

こんな葡萄柄なら、内輪のワイン会とかにも素敵そう!

こんな江戸小紋が一枚あれば、色々な帯と合わせて楽しめそう!

これぐらいのお値段なら…って思っちゃうわよね。

あーっ!

着物が自分で着れる、素敵な大人の女になりたいわ…。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村